, コンテンツにスキップする

バイデン次期米大統領、労働長官にウォルシュ・ボストン市長を指名

  • ウォルシュ市長は任期2期目の最終年、労組幹部を務めた経験も
  • 商務長官にはロードアイランド州のレモンド知事を起用

バイデン次期米大統領は7日、マサチューセッツ州ボストン市のマーティン・ウォルシュ市長を労働長官に指名したと発表した。

  ウォルシュ氏は2014年からボストン市長を務め、今年は2期目最後の年に当たる。マサチューセッツ州議会議員のほか、労組幹部を務めた経験もあり、同氏の起用は労働問題を優先課題に掲げるバイデン氏の姿勢を示している。就任には上院の承認が必要になる。

Boston Officials Announce Postponement Of Boston Marathon

ウォルシュ氏

撮影:スコット・アイゼン/ゲッティイメージズ

  バイデン氏はまた、ロードアイランド州のジーナ・レモンド知事を商務長官に指名。カリフォルニア州の経済開発当局幹部イザベル・グズマン氏を中小企業局長に、キーバンク幹部のドン・グレーブス氏を商務副長官にそれぞれ充てる人事も発表した。

原題:
Biden Names Boston Mayor Walsh to Head Labor Department (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE