, コンテンツにスキップする

ドル覇権試す中国急回復-世界経済の中心、北大西洋から太平洋に

更新日時
  • ドル安を追求したトランプ米大統領にとっては若干皮肉な結末
  • 人民銀が金融政策引き締めつつある一方、米連邦準備制度は緩和維持

半世紀にわたる世界市場でのドル覇権が今後どれだけ続くのかという幾度となく繰り返されてきた議論が、再び熱を帯びている。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、米国が感染拡大阻止と経済の立て直しに苦しんでいるのとは対照的に、中国経済がいち早く回復しているためだ。 

  人民元が上昇する一方で、ドルは2017年以来の悪いパフォーマンスとなった。投資家は中国本土の資産に殺到、人民元建ての貿易取引も試され、準備通貨としても視野に入りつつあることが、元のドルへの挑戦を支えている。

The greenback's popularity with foreign central banks has fallen

  「世界経済の中心は500年間、北大西洋だったが太平洋にシフトしつつある。いずれ通貨市場がこれを反映していくだろう」とバノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は指摘する。

  ドル安を追求したトランプ米大統領にとっては若干皮肉な結末だ。米国を犠牲にして、自国の輸出を支えるために人民元相場の上昇を抑えていると中国を批判したトランプ氏は、全面的な貿易戦争を仕掛けたが、パンデミックが流れを変えた。

  英調査機関の経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)は先月、世界2位の経済大国、中国が28年にも世界をリードする成長エンジンの座を米国から奪うと予想。わずか1年前の想定より、米中逆転が5年早まった。中国が比較的うまくパンデミックに対応しているためだ。

中国、28年に米国抜き世界トップの経済大国に-英民間調査機関

  21年の経済成長率は米国が3.9%と見込まれているのに対し、中国は8%超。中国人民銀行(中央銀行)が金融政策を引き締めつつある一方で、米連邦準備制度が緩和的であり続けると表明しているのも対照的だ。

  メドレー・グローバル・アドバイザーズの世界マクロ戦略担当マネジングディレクター、ベン・イーモンズ氏によれば、「ワクチン接種が進む間、米国など各国はパンデミックを抑制するため中国のサプライチェーンに引き続き頼り」、「G10の各中銀は極めて緩和的」であり続けるという。

中国人民元、1993年以来の高値見込む声も-本土への資金流入衰えず

  ドル覇権にとって支援材料になるとみられるのが、バイデン次期米大統領によるイエレン前連邦準備制度理事会(FRB)議長の財務長官起用だ。バイデン政権は再び強いドルを促し、トランプ政権でいったん止まった1995年からの通貨政策に回帰する公算が大きい。

イエレン氏、「強いドル」回帰への圧力に直面-トランプ時代に決別か

  ただドルが今後数年、貿易や資本市場、準備通貨で用いられる通貨として支配的な地位を保ったとしても、中国資産への需要の高まりは国際的な人民元受け入れ拡大を示唆しており、中国経済の力強さは元の使用をさらに促す公算が大きい。

  「2021年の中国経済が堅調で、コロナ対応も非常にうまくいっているとの見方に基づき、われわれは新興国市場に対して極めて強気だ。元高圧力が続くだろう」とRWCパートナーズの新興国・フロンティア市場チーム共同責任者ジョン・マロイ氏は話している。

原題:China’s Rapid Recovery Puts Global Dollar Hegemony in Doubt (1)(抜粋)

(最後の3段落を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE