, コンテンツにスキップする

北朝鮮の金委員長、対外関係改善を表明-バイデン米政権誕生控え

  • 「対外関係を包括的に拡大し発展させる」計画の概要説明-KCNA
  • 8日は金委員長の誕生日、党大会の開催続くとKCNA-韓国統一省

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は対外関係を改善させると表明したと国営朝鮮中央通信(KCNA)が8日伝えた。

  KCNAによれば、金委員長は平壌で開催されている党大会で、「対外関係を包括的に拡大し発展させる」計画の概要を説明。南北関係の「問題」に関する議論を引用し、外交について短く触れた。

  韓国統一省によれば、党大会は同日継続されるとKCNAは伝えている。この日は金委員長の37歳の誕生日に当たる。

  金委員長が2度の首脳会談を行ったトランプ米大統領の退陣にどう対応するのかを探るヒントを求め、今回の党大会が注目されている。金委員長はこれまで米大統領選の結果やバイデン次期大統領について公式な反応を示していない。

北朝鮮関連ニュース:

原題:
Kim Jong Un Vows to Expand Foreign Relations Ahead of Biden Era(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE