, コンテンツにスキップする

米ボーイング、737MAX巡る刑事訴訟の決着で25億ドル支払いへ

  • テキサス州北部地区の連邦検察当局と訴追延期合意
  • 2020年10-12月期に7億4360万ドル費用を追加計上へ

ボーイングが2回の墜落事故を起こした737MAXに関する情報の隠蔽(いんぺい)で米政府を欺いたとして起こされていた刑事訴訟で、同社は決着のため25億ドル(約2600億円)を支払うことに同意した。

  米司法省の7日の発表資料によると、ボーイングはテキサス州北部地区の連邦検察当局と訴追延期合意(DPA)を交わした。

  発表を受け、ボーイングの株価は時間外取引で一時1%弱下落し、211.26ドルを付けた。

  デビッド・カルフーン最高経営責任者(CEO)は、今回の合意が「当社にとって正しいことだと確信している。われわれの価値観と期待を満たせなかったと適切に認めるステップだ」と従業員向けメッセージで説明。「当局への透明性の義務がいかに重要か、そうした期待をわれわれの誰か1人でも満たせなかった場合に会社が直面し得る結果について、われわれ全員に思い出させるものだ」とした。

  25億ドルのうち17億7000万ドルは航空会社などMAXの顧客への返金として既に引き当てている。ボーイングは2億4360万ドルの制裁金や事故遺族への追加補償金5億ドルの支払いに伴い、2020年10-12月(第4四半期)にさらに7億4360万ドルの費用計上を見込む。同社は27日に同四半期の決算を発表する予定。

原題:Boeing to Pay $2.5 Billion to Settle 737 Max Fraud Charge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE