, コンテンツにスキップする

ヘッジファンドから変身したETF、史上初の「KNGS」が取引開始

資産運用業界は投資信託が上場投資信託(ETF)に転換されるのを待っているが、それに先駆けて米国の小規模ヘッジファンドが史上初のETF転換を果たした。

  アクティブ運用のアップホールディングス・コンパウンド・キングスETF(KNGS)は先週、取引を開始した。テクノロジー株中心に投資する元のヘッジファンドは2019年3月に、アップホールディングス・ファンズが開始した。

  リテール投資家を含め投資家ベースの拡大を望んでいた同社は昨年3月に、300万ドル(約3億1000万円)規模のヘッジファンドをETFに転換することを模索し始め、10月に正式に米証券取引委員会(SEC)に申請した。

  アップホールディングス・グループの創業者で最高経営責任者(CEO)のロバート・キャントウェル氏は「ベンチマークを上回る成績を目指す運用者を求めるために金持ちである必要はないはずだ」とし、ETFへの転換は「高品質な成長分野への投資を一般の投資家に開放するものだ」と語った。

  複数の投資信託もETFへの転換を申請しており、ETFはそのアクセスの容易さから運用業界で拡大を続けている。

  インターネット株が44%を占めるKNGSのポートフォリオは運用開始から2020年末までに115%のプラスのリターンを上げた。管理手数料は投資資金1000ドルに対して6ドル。 

 

Gaining Momentum

ETFs have steadily grown in popularity

Bloomberg Intelligence

原題:
A Tiny Hedge Fund Just Made History by Turning Into an ETF (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE