, コンテンツにスキップする

米議会乱入の暴徒化集団は「国内テロリスト」、バイデン氏が非難

  • 議会乱入は「自由のとりでへの文字通り攻撃だ」-バイデン氏
  • ガーランド氏の次期司法長官起用を発表するイベントで発言

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

バイデン次期米大統領は大統領選の選挙人投票結果の認定手続き中だった連邦議会に6日乱入した暴徒化した集団を「国内テロリスト」と非難した。

  バイデン氏は7日、メリック・ガーランド氏の次期司法長官起用を含む司法省人事を発表するイベントで、「彼らは暴徒であり、国内テロリストだ」と述べ、「全く容認できない」と語った。これが人種差別反対運動「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」のデモ隊だったならば、ずっと厳しい措置が取られていただろうとも指摘した。

  トランプ氏は繰り返し選挙に不正があったと根拠なく主張し、結果認定に異議を唱える計画だった議員を「激励」するため支持者に議事堂に向かうよう促していた。

  バイデン氏は議会乱入を「自由のとりでへの文字通り攻撃だ」とも述べ、トランプ大統領がそれを実現させる雰囲気をつくったと批判。「われわれの大統領は法の支配を侮辱する態度を明確にした」と付け加えた。

原題:Biden Rips Capitol Mob as ‘Domestic Terrorists’ and Blames Trump (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE