コンテンツにスキップする

FRBの債券購入、年末に縮小開始も-フィラデルフィア連銀総裁

米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、米金融当局による債券購入プログラムが早ければ年末にも縮小を始める可能性があると述べた。

  ハーカー総裁は7日、バーチャル形式のイベントで講演後に質問を受け、「潜在的には、2021年末か22年早期に起こる可能性はある。ただし、全て景気の進路に左右され、景気の進路はウイルスの進路に左右される」と回答した。

Key Speakers At The Federal Reserve Bank of Atlanta & Federal Reserve Bank of Dallas Technology Conference

ハーカー総裁

  「あまりに早期に開始しようとすれば、市場に混乱を引き起こしかねない」とし、「そのため、私はこれに関してかなり慎重だ。景気の修復が実際に見られるようになるまで、変わらない姿勢でいるべきだ」と続けた。

  ハーカー氏は景気について、今年下期までに「さらなる正常化が見られるようになる」との楽観を示した。

  「昨年の第4四半期(10-12月)は小幅な成長が示されるが、今年の第1四半期(1-3月)は著しい減速になると予想している。場合によってはマイナス成長すらあり得る」と発言。「今年後半には強い成長となり、22年末を通じてその状況が続き、23年に若干鈍化するだろう」と述べた。

  ハーカー総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で議決権を持たない。

原題:Harker Says Fed May Begin Paring Bond Purchases in Late 2021 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE