, コンテンツにスキップする

ブレバン、99%リターンのファンドも-マクロヘッジファンド昨年好調

更新日時
  • 旗艦ファンドの昨年リターンはプラス27.4%-3月が好調
  • マクロファンド業界では平均プラス7%、EDLキャピタルも好成績

ヘッジファンド会社ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントにとって昨年は、約20年前の投資開始以降で最高の1年となった。

  事情に詳しい関係者によると、同社の「米金利オポチュニティーズ・ファンド」はプラス99%近い好成績を上げた。米イールドカーブの動きに投資する同ファンドは昨年11月末で閉鎖された。

  同社のマクロヘッジファンドの一つも60.5%のプラスリターンだったと、非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  旗艦ファンドの「ブレバン・ハワード・マスター・ファンド」はプラス27.4%と、2003年以来の高リターンだった。ブルームバーグが投資家宛て書簡で確認した。同ファンドの投資利益の大半は、新型コロナウイルスの感染拡大で市場が混乱した3月にもたらされた。金利動向への賭けや株式およびクレジットインデックスのオプション取引、さらに原油の取引を通じて利益を上げたという。

  ブレバン・ハワードの広報担当者はコメントを避けた。

Record Gain

Brevan Howard's flagship macro hedge fund is bouncing back

Source: Investor letter

  ブレバン・ハワードは数年にわたる低迷で2年前には運用資産が2013年のピークから約80%減の64億ドル程度に落ち込んでいたが、成績の向上に加え、ボラティリティーの高まりがマクロヘッジファンドが利益を出しやすい環境をつくり出していることから、今は顧客が戻りつつある。昨年11月末の同社の運用資産は約114億ドルだった。

  マクロファンド業界の昨年の成績は平均でプラス7%。ブレバンのほかに好調だったのはEDLキャピタルの23.4%。広報担当者によると15年開始のEDLにとって最高の1年だった。グレン・ポイント・キャピタルは3月に損失を被ったが持ち直しプラス14%で昨年を締めくくったと、事情に詳しい関係者が述べた。

ヘッジファンドの2020年成績 (%)

Andurand Commodities Discretionary Enhanced154
Brevan Howard U.S. Rates Opportunities98.8
Andurand Commodities68.6
Brevan Howard FG Macro Master Fund (Fash Golchin)60.5
Odey Absolute Return Focus46.2
Odey Special Situations42.8
Brevan Howard Global Volatility Master Fund35.8
Brevan Howard LB Macro Fund (Louis Basger)33.1
LF Odey Absolute Return29.1
Brevan Howard Master Fund27.4
Kuvari Partners26.3
EDL Capital23.4
Brevan Howard Multi Strategy Master Fund21.1
Brevan Howard MB Macro Master Fund (Minal Bathwal)17
Brevan Howard Alpha Strategies15.4
Brevan Howard AS Macro Master Fund (Alfredo Saitta)14.7
The Children’s Investment Fund14
Glen Point Capital main fund14
Odey European Inc.-30.5

原題:Brevan Howard’s Main Hedge Fund Gains 27% in Best Year on Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE