, コンテンツにスキップする

【欧州市況】株上昇、米民主党の上院勝利を期待-イタリア債下げ消す

6日の欧州株は上昇。米ジョージア州の上院2議席の決選投票で民主党が上院の過半数を制すると見方が強まり、米経済対策の規模が引き上げられる可能性があるとの楽観からシクリカル銘柄が買われた。

  ストックス欧州600指数は1.4%高と、約2カ月ぶりの大幅高となった。銀行株は5.5%上昇。鉱業や保険株も高い。サウジアラビアが今後数カ月間の原油減産を表明したことから、エネルギー株が買いを集めた。

  英FTSE100指数も上昇。年初から3営業日の上げ幅は5.9%に達し、過去最高のスタートを切った。同指数は鉱業やエネルギー、銀行といった銘柄の比重の高いことが株価押し上げにつながった。対ドルでのポンド安も支援材料だ。

European stocks are embracing stimulus, vaccine optimism

  欧州債はドイツ債が下げ幅を縮小、イタリア債は下げを埋めた。

  英国債は利回り曲線がベアスティープ化に向かったが、やや戻した。短期金融市場動向が織り込むイングランド銀行(英中銀)による次回10bpの利下げ時期は8月で変わらず。英中銀のベイリー総裁は、マイナス金利は金融政策上の選択肢の一部だと語った。

  ドイツ10年債利回りは3bp上げてマイナス0.55%、フランス10年債利回りは3bp上昇のマイナス0.31%、イタリア10年債利回りは0.57%で変わらず。

原題:European Stocks Surge With U.S. Democrats on Cusp of Senate Win(抜粋)

Bunds Pare Decline, BTPs Erase Loss; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE