, コンテンツにスキップする

米国のサウジ産原油輸入、35年ぶりにゼロ-昨年10月の急減に続く

米国によるサウジアラビア産原油の輸入が先週、35年ぶりにゼロとなった。わずか数カ月前、サウジは大量の輸出で市場をだぶつかせ、米エネルギー業界を大混乱に陥れると脅していた。

  サウジの米国向け原油出荷は10月に急減していた。サウジ発のタンカーが西海岸あるいはメキシコ湾岸のターミナルに到着するのに約6週間かかるため、輸入減少は表面化し始めたばかりだ。

  米エネルギー情報局(EIA)発表の2010年6月以降の週間データに基づくと、米国の輸入がゼロになったのは初めて。それ以前の月間統計によれば、1985年9月以降、サウジからの輸入がゼロだったことはない。

Arabian oil shipments to the U.S. have been declining for months

原題:
Saudi Oil Exports To U.S. at Zero For First Time in 35 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE