, コンテンツにスキップする

ミシュラン、フランスで2300人を削減へ-新素材などにシフト

欧州最大のタイヤメーカー、フランスのミシュランは国内従業員を約3年間で最大2300人削減する計画だ。同社は高級タイヤ市場に注力する一方でリサイクルや新素材、さらに水素といった分野のプロジェクトへの多角化を図る。

  6日の発表によると、工場閉鎖はないものの、ミシュランの工場再編に伴い最大1200人の雇用が失われる。その大半は早期退職や自主退職を通じた削減だという。それ以外の削減はサービス部門の人員が対象で、年間5%の効率性向上を目指したものだと同社は説明している。

原題:Michelin to Cut 2,300 Jobs in France in Shift to New Materials(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE