コンテンツにスキップする

債券下落、米金利上昇や30年入札控えて売り圧力ー緊急事態宣言は支え

更新日時

債券相場は下落。米国の長期金利が昨年3月以来の高水準となる1%を超えて上昇したことに加えて、30年国債入札を翌日に控えて、売り圧力が掛かった。一方、新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言の発令見通しは相場の下支え要因になった。

  • 新発10年債利回りは1ベーシスポイント(bp)高い0.035%と、昨年11月以来の高水準
  • 新発20年債利回りが0.405%、新発30年債利回りは0.655%と、それぞれ1bpの上昇
  • 長期国債先物3月物の終値は前日比13銭安の151円80銭。米長期金利上昇の流れを引き継いで売り優勢の展開が続き、午後に一時151円76銭まで下落した
長期国債先物3月物の推移

市場関係者の見方

BofA証券の大崎秀一チーフ金利ストラテジスト

  • 米国では財政拡大期待を背景に長期金利が緩やかに上昇していくとみられ、円金利にも上昇圧力が掛かった
  • 10年債は前日の入札が弱めだったこともあり売りが出ていた上、超長期債も30年入札を控えてスティープ(傾斜)化圧力が掛かりやすい
  • ただ、超長期は押し目買いも入っている感じで、新発債となるあすの30年入札も0.65%を超える利回りが確保できれば一定の需要が集まるだろう
  • コロナ感染拡大が続く中、緊急事態宣言も発出される見通しで、金利上昇の抑制要因になった

背景

新発国債利回り(午後3時時点)

2年債5年債10年債20年債30年債40年債
-0.120%-0.105%0.035%0.405%0.655%0.695%
前日比+0.5bp+0.5bp+1.0bp+1.0bp+1.0bp横ばい
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE