, コンテンツにスキップする

香港立法会の前議員ら逮捕、国安法違反容疑-米国人弁護士も拘束

更新日時
  • 政権転覆の疑いで楊岳橋、涂謹申、尹兆堅、林卓廷各氏ら逮捕
  • 香港の人々を支持、民主主義への中国締め付けに反対-ブリンケン氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

次期米国務長官に指名されているアントニー・ブリンケン氏は、香港国家安全維持法(国安法)違反の疑いで民主派約50人が地元警察に逮捕されたことを非難した。米国人弁護士も拘束される異例の展開となっている。 

  ブリンケン氏は「民主派デモ参加者の広範な逮捕は普遍的権利を勇敢に主張する人々への攻撃だ」と指摘。バイデン次期政権は「香港の人々を支持し、中国による民主主義への締め付けに反対する」と表明した。 

  香港警察は6日、警官約1000人を同日動員し、53人を逮捕したと発表。逮捕者には立法会(議会)の複数の前議員も含まれる。民主派が昨年7月に立法会選の候補者選びのために開き、60万人を超える人々が参加した非公式の予備選に関連した容疑。昨年9月に実施予定だった立法会選はその後1年延期された。

  警察の国家安全部門は6日午後開いた記者会見で、逮捕者の内訳は男45人、女8人だと説明。予備選の情報を求め警察が4つの香港メディアを訪れていたことも明らかにした。

  香港警察は予備選主催者の財務を担当した米国人弁護士ジョン・クランシー氏も逮捕した。同氏の同僚である法律事務所、何謝韋律師事務所のパートナー、ジョナサン・マン氏が明らかにした。

  クランシー氏が何謝韋律師事務所を通じて公表している略歴によれば、同氏はアジア人権委員会およびアジアン・リーガル・リソース・センターの会長を務め、チャイナ・ヒューマン・ライツ・ロイヤーズ・コンサーン・グループ執行委員会の創設メンバー。

Hong Kong Arrests Dozens Under Security Law In Biggest Sweep Yet

ジョン・クランシー氏(1月6日)

  フェイスブックへの複数の投稿やメディア報道によると、香港警察の国家安全部門は6日、政権転覆の疑いで立法会議員を務めていた楊岳橋、涂謹申、尹兆堅、林卓廷各氏を逮捕。民主派主要人物の1人であり、中国の香港政策を厳しく批判していた毛孟静前議員も拘束された。

原題:Hong Kong Arrests U.S. Citizen, Dozens More Under Security Law(抜粋)

(3、4段落目に警察発表を追加し、6段目にクランシー氏の略歴を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE