, コンテンツにスキップする
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg
cojp

ブラックロック、NY本拠の軸足ぶれず-市外移転トレンドに逆行

  • ニューヨーク市内での本社移転計画に変わりはない-広報担当者
  • 幹部は在宅勤務が新常態にはならないと従業員に伝えている
BlackRock headquarters in New York, U.S
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

ニューヨーク拠点の従業員をより低コストの別の都市に移す企業が増えている中、 世界最大の資産運用会社ブラックロックはあくまでもマンハッタンにしっかり根を下ろす方針であるようだ。

米大都市からの人口流出、コロナ禍で加速-人も企業もコスト重視

  同社幹部は従業員に対し、完全なリモート勤務に慣れ過ぎないよう非公式に促している。全米で新型コロナウイルス感染が急拡大する中で、ニューヨーク市内での本社移転を控える同社は在宅勤務期間を2021年第1四半期まで延長した。しかし、それはリモート勤務が新常態となることを意味しない。

Key Speakers At The Bridge Forum

ブラックロックのロブ・ゴールドスタインCOO

  ロブ・ゴールドスタイン最高執行責任者(COO)を含む経営トップは昨年11月の従業員向け文書で「より長期的には、オフィスがわれわれの主たる職場であり続ける」と説明。「従業員が一部の時間をリモート勤務とする柔軟性は増すが、フルタイムでのリモート勤務は承認が必要な非常に限定的なケースになる」とした。

  幹部らは、より本格的なオフィス復帰には時間を要するとみており、「可能な限り多くの人」が定期的に新型コロナ検査を受けられるよう取り組んでいるとも記した。

  ブラックロックの広報担当者は今週に入り、ニューヨーク本社を22年後半か23年初めにマンハッタン西側のオフィスビル「50ハドソンヤード」に移す計画に変わりがないことを確認した。

関連記事

ゴールドマン、フロリダ州に資産運用部門の拠点を検討-NYに打撃か

社員移住、モーリス氏は「OK」-移住先のオフィス開設・拡張も検討

米ブラックロック、アトランタで1000人採用-2024年までに

原題:
BlackRock Bucks New York Departure Trend With Plans to Stay Put(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE