, コンテンツにスキップする

EVのリビアンが新規資金調達に近づく、2.6兆円の評価で-関係者

  • 既存の投資家が数十億ドル規模と見込まれる今回の資金調達に参加
  • 電動ピックアップを米市場に導入する企業の第1号となる可能性

新興電動トラックメーカー、リビアン・オートモーティブは、同社の価値を約250億ドル(約2兆5700億円)と評価する新たな資金調達に近づいている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社にはアマゾン・ドット・コムフォード・モーターが出資している。

  情報の非公開を理由に匿名で語った関係者によると、既にリビアンに出資している複数の企業が、数十億ドル規模と見込まれる今回の資金調達に参加している。既存の投資家にはアマゾンのほか、Tロウ・プライス・グループ、ブラックロック、ソロス・ファンド・マネジメント、コーチュー、フィデリティ・インベストメンツ、バロン・キャピタル・グループが含まれる。

  資金調達は最終決定しておらず、詳細はなお変わる可能性がある。

  リビアンの担当者は「2021年には『R1T』『R1S』やアマゾンの配達車両の納入を重視している。投資家とは頻繁に話しているが、現時点で発表することはない」とコメントした。

  同社はこれまでに60億ドルを調達しており、資金が豊富な電気自動車(EV)メーカーの1社。

 

Rivian Reveal Ahead Of The Los Angeles Auto Show

リビアンの電動ピックアップトラック

 2009年創業のリビアンは、完売したと説明しているピックアップトラックの初回分の納入が6月に始まる見込み。予定通り実現すれば、電動ピックアップを米市場に導入する企業の第1号となる。

原題:Rivian Is Said Close to Raising Funds at $25 Billion Value (1)
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE