, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】世界の新規感染3週連続で400万人超-英独、接種急ぐ

更新日時
  • 先週の新規感染の47%を占めたのが米州で、欧州の割合は38%
  • メルケル独首相、ワクチン接種のペースアップ図るため緊急会議招集

世界保健機関(WHO)は6日、世界で報告された新型コロナウイルスの新規感染者が3週連続で400万人を超えたことを明らかにした。先週の新規感染の47%を占めたのが米州で、欧州の割合は38%に上った。

  英政府はイングランドの感染者数100万人突破を受け、ワクチン接種を急ぐと表明。ドイツでは6日朝まで24時間の死者数が1009人となった。パンデミック(世界的大流行)が始まって以来1日当たりの死者が1000人を超えるのは2回目。メルケル独首相はワクチン接種プログラムのペースアップを図るため緊急会議を招集した。

  ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は8640万人を上回り、死者数は186万人を超えた。ワクチンを接種したのは1500万人余り。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-inline

  WHOのテドロス事務局長は5日、新型コロナウイルスの起源を調査するため中国に派遣した調査団がビザに関連する問題を理由に一時的に入国できないでいると述べ、「非常に失望している」と中国を批判した。

WHOが異例の対中批判-専門家チームの中国入り遅延に「失望」 

  シンガポールは新たに入国した外国人労働者に対し、現行の14日間の外出禁止措置に加え、指定された施設に7日間滞在して検査を受けるよう義務付ける。

  英政府は5日、イングランドの新型コロナ感染者が100万人を超えたことを明らかにした。公式な集計結果によると、新たなウイルス変異種の症例急増でイングランドでは50人に1人、ロンドンでは30人に1人が感染している。

  統計を公表したジョンソン英首相は、新たに発動したロックダウン(都市封鎖)をいずれ解除するため、政府のワクチンプログラムを加速させる方針を表明。イングランドでは80歳以上の23%が既にワクチンを接種したと指摘し、2月半ばまでに最もリスクの高い人や医療従事者約1400万人に接種を受けさせる公約を強調した。全国で既に130万人が1回目の接種を受けたという。

  コロナワクチンがより多くの人に行き渡るよう英当局が2回の接種の間隔を最長12週間とする方針を決めたことを巡り、WHOは5日、間隔は28日間より長くすべきではないと勧告した。

  予防接種に関する戦略諮問委員会のアレハンドロ・クラビオト委員長は発表資料で、「ワクチン供給を制約する特別な事情」のある国は2回目を数週間遅らせることは可能だとしながらも、1回だけ接種を受けた場合の安全性・有効性のデータが十分ではないとした。

  ドイツはコロナ感染拡大に対応するためのロックダウンを延長し、制限措置の強化を決めた。メルケル首相と各州のトップは5日、10万人当たりの感染者数が200人を超える地域の住民に対して、不要不急の場合の移動距離を15キロに制限することで合意した。

ドイツ、ロックダウンを1月末まで延長-移動・接触制限も強化

Covid-19 Vaccination Center As Germany's Vaccine Rollout Faces Criticism

ワクチン接種を待つ人たち(独ビュルツブルク、1月4日)

  イランのコロナ死者数は過去24時間で98人と、1日当たりでは6月18日以降で最も少なかった。新たに6113人の感染が確認された。

  イタリアはホリデーシーズンに導入した制限措置を1月中旬まで延長した。

  中国では6日、新たに23件の国内感染例が確認された。そのうち20件が河北省石家荘で報告された。

  韓国では6日午前0時までの24時間の新規感染者が840人と、前日の715人を上回った。

原題:WHO’s China Rebuke; Israel Runs Low on Vaccines: Virus Update(抜粋)

(1~3段目を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE