, コンテンツにスキップする

鴻海の10-12月売上高、過去最高-アップル5G対応iPhoneの好調示唆

電子機器の受託製造を手掛ける台湾の鴻海精密工業は、昨年10-12月期に市場予想を上回る売り上げを記録した。同社が生産する米アップルの第5世代(5G)移動通信ネットワーク対応「iPhone(アイフォーン)」などが、旺盛な需要を集めた。

  鴻海が発表した12月の売上高は全体で7138億台湾ドル(約2兆6230億円)。これ以前に示された月間の数字を基にブルームバーグ・ニュースが算出したところ、10-12月では計2兆台湾ドルとなり、過去最高を更新した。市場予想平均は1兆8000億台湾ドルだった。

  鴻海の力強い売り上げは、アップルの最新機器販売が当初予想を上回っている可能性を示す。

  2020年通年の売上高は5兆4000億台湾ドルで、19年の5兆3400億台湾ドルから若干増加。劉揚偉会長は21年の増収率は一桁台になり、1-6月(上期)は自動車関連事業が「非常に好調」になるとの見通しを示している。

原題:
Hon Hai Sets Sales Record Thanks to Strong 5G iPhone Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE