, コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

ビットコインの長期ターゲットは14万6000ドル超-JPモルガン

更新日時
FILE: Bitcoin prices against Japanese yen are displayed on a computer monitor during trading of virtual currencies in Tokyo, Japan, on Wednesday, Aug. 30, 2017. Bitcoin is showing no signs of slowing down, the price of the largest cryptocurrency by market value is soaring as it gains greater mainstream attention despite warnings of a bubble in what not everyone agrees is an asset. Our editors select the best archive images on Bitcoin.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

仮想通貨ビットコインは長期的にさらに大幅に値上がりする潜在力があるとの見方をJPモルガン・チェースが示した。

  ニコラオス・パニギリツオグル氏らストラテジストは、ビットコインと金が投資先として競合していることに着目。リポートによれば、上場投資信託や現物を通じた民間部門の金投資総額に並ぶためにはビットコインの時価総額が現在の約5750億ドル(約59兆3000億円)の4.6倍に増加する必要がある。これに基づく理論上のビットコイン価格は14万6000ドルになる。

  ただ、この試算はビットコインのボラティリティーが金と同程度になり、より多くの機関投資家の投資を促すことが前提であり、そのプロセスには時間がかかるとストラテジストは付け加えた。

  4日のリポートは「『代替』通貨として金を押しのけることにより、ビットコインには長期的に上昇余地がある」が、「ビットコインと金のボラティリティー収れんが短時間で起こる可能性は低く、複数年でのプロセスだと考えられる。従って、14万6000ドル超という理論上のビットコイン価格は長期目標と見なす必要があり、今年の持続可能な価格目標ではない」としている。

  ビットコインは週末に過去最高の3万4000ドルに達したが、4日には一時17%急落し、ボラティリティーの高さをあらためて示した。過去1年では4倍以上に値上がりしている。

  JPモルガンは現時点ではビットコインへの逆風があると考えている。投機的なロングポジションの増加や少額のビットコインを保有するウォレットの増加などが小粒のバブルの可能性を示唆しているためだ。「現在の投機熱によって5万-10万ドルの水準に上昇する可能性は排除できないが、その価格水準は維持不可能だと思われる」とストラテジストは分析している。

Bitcoin-to-gold ratio recently touched record high after digital coin quadrupled

原題:JPMorgan Says Bitcoin Could Surge to $146,000 in Long Term (2)(抜粋)

(最終段落を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE