, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米NY州でコロナ変異種の初症例、旅行歴ない60代男性

  • イングランド全土で都市封鎖-ジョンソン英首相が発表
  • モデルナ、今年のワクチン生産目標を引き上げ-株価上昇

英国で見つかった新型コロナウイルスの新たな変異種の感染症例が米ニューヨーク州で初めて確認された。クオモ知事が4日発表した。

  検査で「B117」変異種の感染が判明したのは州北部サラトガ郡在住の60代男性。最近の旅行歴はないため市中感染した可能性があると、クオモ知事は電話会見で指摘した。

  知事によると、同州は変異種の感染症例を見つけるため約5000件の検査を実施。この変異種は感染力が強いため、入院者数の増加に対応している同州にとって問題となり得る。

  ジョンソン英首相は4日、イングランド全土を対象とするロックダウン(都市封鎖)を発動すると発表した。学校は閉鎖され、市民は自宅待機を求められる。コロナ感染急増で国家医療制度(NHS)が崩壊の危機に陥りつつあると警告される中、3度目のロックダウンに踏み切る。少なくとも2月15日まで続ける。

英首相、イングランド全土の都市封鎖を発表-医療崩壊の危機で

  ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は8550万人を超え、死者数は184万人を上回っている。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-inline

  欧州医薬品庁(EMA)のヒト用医薬品委員会(CHMP)は、米モデルナのコロナワクチンについて4日の会合で結論が出なかったため6日に協議を継続する。EMAがツイッター投稿で明らかにした。同ワクチンについては4日の会合で判断が下されるとの観測があった。

  欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は昨年12月、米ファイザーとドイツのビオンテックが開発したワクチンに条件付き製造販売承認(CMA)を付与した。モデルナのワクチンも承認されればEUで2つ目となる。

  モデルナは4日、2021年に少なくとも6億回分のコロナワクチンを生産し、年末までに最大10億回分を生産することを目標としていると発表した。これを受け、同社の株価は上昇した。従来の目標では少なくとも5億回分としていた。同社は目標達成のため投資と人材採用を続けると説明した。

  ドイツはロックダウンを延長する方針だ。ワクチン接種プログラムの失敗が指摘される中で、1月10日までとしていた厳格なロックダウンを31日まで延長することで関係当局が合意したと、ビルト紙が報じた。

  香港は現在のコロナ感染状況を踏まえ、小中学校などでの対面授業停止を春節(旧正月)の連休まで延長する。香港教育局の楊潤雄局長が4日の記者会見で発表した。

  香港食品・衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長によれば、今のソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つ措置は20日まで2週間延長される。

  北朝鮮は、低所得国へのワクチン普及を目的とした世界的組織、「Gaviワクチンアライアンス」にワクチン供給を要請したと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい関係者を引用して報じた。Gaviは北朝鮮の要請についてWSJに対しコメントを控えた。

原題:England Locks Down; Variant Strain Is in New York: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE