, コンテンツにスキップする

英首相、イングランド全土の都市封鎖を発表-医療崩壊の危機で

更新日時
  • 深刻な感染急拡大に対応するため他に選択肢ない-ジョンソン首相
  • 少なくとも2月15日まで継続-従わない人には罰金も

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ジョンソン英首相は4日、イングランド全土を対象とするロックダウン(都市封鎖)を発動すると発表した。学校は閉鎖され、市民は自宅待機を求められる。新型コロナウイルス感染急増で国家医療制度(NHS)が崩壊の危機に陥りつつあると警告される中、3度目のロックダウンに踏み切る。

  全面的な緊急ロックダウンは少なくとも2月15日まで続く。小売りや宿泊業にとって大きな打撃となり、景気の二番底に陥る恐れもある。

  ジョンソン首相はテレビ放映された演説で、深刻な感染急拡大に対応するために全ての社会的活動や教育、不要不急の旅行を停止させる以外に選択肢はないと強調した。

  ジョンソン氏は「コロナのパンデミック(世界的大流行)が始まって以来、国内の病院は最も切迫した状況にある」と説明。「ワクチンが提供されていく間、新たなコロナウイルス変異種を封じ込めるためにさらなる措置が必要なことは明白だ」とした。

  警察は従わない人に罰金を科すなどの法的権限を与えられる。当局者によると、議会はこれら措置について6日に審議するが、新たな規制は5日に施行される。

  発表によると、医療従事者や在宅勤務が不可能な人を除く全ての市民が自宅待機を求められ、外出は1日1回程度の生活必需品の買い物や運動に限られる。全ての小学校、中等学校、大学は5日から対面授業が停止されオンライン授業に移行する。夏季の試験は通常通りには行われない。保育園は閉鎖されない。

  全てのレストランやバー、生活必需品以外の商店はテークアウトを除き営業停止を継続し、アルコール類のテークアウト販売は禁止される。スーパーマーケットや薬局は営業を継続する。

原題:U.K. Is Back in Lockdown as Hospitals Face Breaking Point (1)(抜粋)

(首相発言やロックダウン措置の内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE