, コンテンツにスキップする

1月4日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:株下落、コロナ感染急増で-米上院決選投票も意識

  4日の米株式相場は下落。新型コロナウイルスの世界的な感染急増が景気回復の足かせになるとの懸念が広がり、金融市場のボラティリティーが高まった。ジョージア州での上院議員選の決選投票を5日に控えていることも、神経質な動きにつながった。投票結果次第で、民主党が多数議席を奪還できるかどうかが決まる。

  • 米国株は下落、S&P500種ほぼ10週ぶり大幅安
  • 米国債ほぼ変わらず、10年債利回り0.91%
  • ドルは下げ埋める、対円103円前半-ポンド下落
  • NY原油は反落-OPECプラスの結論待ち
  • 金スポット、8週ぶり高値-米実質利回り低下で

  米主要株価指標はいずれも朝方に2%余り下げた後、下げ幅を縮小したが、S&P500種株価指数はほぼ10週間ぶりの大幅安となり、2016年以来最悪の新年スタートとなった。アップルとアマゾン・ドット・コムが大きく下落。ボーイングはアナリストによる投資判断引き下げを受けて売られ、ダウ工業株30種平均の重しになった。一方、テスラは上昇。納車台数が同社目標に近かったことが好感された。シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー指数(VIX)は昨年10月以来の大幅上昇となった。

  S&P500種は前営業日比1.5%安の3700.65。ダウ平均は382.59ドル(1.3%)安の30223.89ドル。ナスダック総合指数は1.5%下落。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りはほぼ変わらずの0.91%。

  オッペンハイマーのチーフ投資ストラテジスト、ジョン・ストルツファス氏は、「株式市場は米国と世界の経済を1年近く人質にとってきたパンデミック関連の動きに敏感な状況が続く」とリポートで指摘。「市場にとって目先のハードルは、上院2議席を巡るジョージア州決選投票の結果だ。民主党が両議席とも獲得すれば、S&P500は昨年末水準から約6-10%下げてもおかしくない」と記した。

  外国為替市場ではドルが下げを埋めた。一方、ポンドは下落。ジョンソン英首相はイングランド全土を対象とするロックダウン(都市封鎖)を発表した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.2248ドル。ドルは対円で0.1%安の1ドル=103円13銭。ポンドは対ドルで0.7%安の1ポンド=1.3571ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反落。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」の会合では生産引き上げの是非について結論が出ておらず、金融市場全般の下げにつれて原油への売りがかさんだ。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は、90セント(1.9%)安の1バレル=47.62ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は71セント下落し、51.09ドル。

  金スポット相場は5営業日続伸し、8週間ぶりの高値をつけた。米実質利回りが低下したことやドル軟調の見通しを受け、1オンス=1900ドルを大きく上回った。

  スポット価格はニューヨーク時間午後2時42分現在、2.2%高の1940.53ドルで取引されている。一時は1944.52ドルと、昨年11月9日以来の高値をつけた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は2.7%高の1946.60ドルで終了した。

原題:Stocks Slump on Virus Spike Before Georgia Runoff: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Claws Back Loss as U.K. Enters New Lockdown: Inside G-10(抜粋)

Oil Falls as OPEC+ Extends Talks to Second Day Without Decision(抜粋)

Gold Rises to Eight-Week High on Dollar Outlook, Real Yields(抜粋)

◎欧州市況:英国株上昇、1カ月ぶり大幅高-ドイツ債が高い

  今年最初の取引日となった4日は、英国株が欧州株の上げを主導した。新型コロナウイルスワクチンに対する楽観や経済回復への期待が買いにつながった。

  FTSE100指数は1.7%高と1カ月ぶりの大幅上昇。一時は3.1%上昇した。鉱業株が高い。ストックス欧州600指数は0.7%高。米国株の下落につられ、午後に入り上げ幅を縮小した。

  ベレンバーグ・バンクのマルチアセット戦略・調査の責任者、ウルリッヒ・ウルバーン氏は「相場に対する前向きなモメンタムが新年に入っても続いている」と述べ、「市場参加者はなお新型コロナの感染者数の増加を注視しており、今年の力強い景気回復にいっそう目を向けている」と続けた。

  欧州債はドイツ債利回り曲線がブルフラット化、スワップスプレッドは拡大した。株価が上げ幅を削ったことや新型コロナ対策が強化されたことが、国債への安全逃避の買いにつながった。イタリア債は小幅安。同国財務省はシンジケート団を通じて15年債を売り出す。

  ドイツ債は上昇。イタリア債とのイールドスプレッドは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、10月以来最も拡大して115bpとなった。

  英国債は上昇。短期金融市場動向が織り込むイングランド銀行(英中銀)による次回10bpの利下げ時期は8月と、これまでの9月から早まった。

  ドイツ10年債利回りは3bp下げてマイナス0.6%、フランス10年債利回りは2bp低下のマイナス0.36%、イタリア10年債利回りは1bp上昇の0.55%。

原題:U.K. Stocks Start 2021 With Rally as Vaccine News Fuels Appetite(抜粋)

Bunds Rise on Haven Bid, Italy to Sell Debt; End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE