, コンテンツにスキップする

OPECプラス、協議長引く-ロシアの生産引き上げ提案支持得られず

更新日時
  • 4日の協議は予想に反して中断、5日に再開される予定
  • 2月の産油量、ロシアは日量50万バレル引き上げを提案

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の閣僚級会合は4日、予想に反して協議を中断した。2月の生産引き上げを求めるロシアの提案に、サウジアラビアなど過半数の参加国が反対している。

  協議はウィーン時間5日午後3時半(日本時間同11時半)に再開される予定。新型コロナウイルスの感染拡大でより厳格なロックダウン(都市封鎖)が相次ぐ恐れがある中で、市場がどの程度の追加供給を吸収できるかを巡って見解の相違が生じている。複数の代表によると、閣僚らは再開までの間に二国間協議や本国政府との調整を行う機会を得る。

  オンライン形式で行われた4日の会合でロシアとサウジの当初の立場は正反対だった。サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は今月実施された日量50万バレルの生産引き上げについて撤回を提案。一方、ロシアのノバク副首相は生産引き上げを維持するとともに、2月に同量の追加の引き上げを主張した。

  厳格な供給抑制を一貫して唱えているアブドルアジズ氏は、2月にかけて現行の生産水準維持を容認する考えも示唆した。アルジェリアとナイジェリア、オマーン、イラク、クエート、アラブ首長国連邦(UAE)も生産据え置きを支持していると、複数の代表は匿名で語った。一方、カザフスタンはロシアを支持した。

  イランのザンギャネ石油相は記者団に対し、「ロシアは現時点で市場シェアを重視しているが、他の多くの国は原油価格に重点を置いている」と語ったと、石油省傘下のシャナ通信が伝えた。

Brent crude has only partially recovered from its crash last year
関連記事
OPECプラス、過半数は2月の生産引き上げに反対-ロシアは支持

原題:OPEC+ Talks Drag on as Russia’s Supply-Hike Proposal Is Rejected(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE