, コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁、インフレ高進容認を-2.5%を目指すこと支持

シカゴ連銀のエバンス総裁は、インフレ率が米金融当局の2%目標を何年も下回ってきた状況を補うため、当局はこれまでに約束してきたように同目標を上回るインフレ高進の容認をためらうべきではないと述べた。

  エバンス総裁は4日、米国経済学会(AEA)年次会合で「わずか0.1ポイントまたは0.2ポイントといった非常に小幅なインフレ率のオーバーシュートを微調整しようとすれば、当局の2%平均目標を妥当な期間内に達成できないという非常に大きなリスクを冒すことになる」と述べた。発言は事前原稿に基づく。

  「私にとっては、モメンタムを伴ったインフレ率の上昇を容認し2.5%前後にすることが、当局のインフレ目標を可能な限り時宜にかなった方法で達成する上で重要だ」と話した。

  エバンス氏は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で議決権を持つ。

原題:
Fed’s Evans Says He Favors Aiming for 2.5% Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE