コンテンツにスキップする
Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg
cojp

米国債市場のインフレ予想指標、2018年以来初の2%超-景気回復期待

The Federal Reserve building in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, Dec. 1, 2020. Senate Majority Leader Mitch McConnell set up a vote to advance the nomination of Christopher Waller to the Federal Reserve Board but took no action to open Judy Shelton's path to the Fed, dimming chances for the controversial nominee.
Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米国のインフレ率は今後10年間に少なくとも年間平均で2%になると、トレーダーらはみている。インフレ期待がこれほど高くなるのは2018年以来で初めて。

  市場が予想する期待インフレ率を示す10年物ブレークイーブン・レートは、4日に一時2.01%に上昇。ブルームバーグがまとめたデータによると、最後に同水準を付けたのは2年余り前だ。

  英国と欧州連合(EU)が通商協定で合意したことや、米追加経済対策がまとまったことを受けて、トレーダーらは世界経済が上向くとみている。新型コロナウイルスのワクチン接種開始もブレークイーブン・レートの上昇を後押ししているほか、米ジョージア州で5日に行われる上院議員選の決選投票で民主党の上院過半数奪回が決まるとの観測も背景にある。

Gap between 10-year Treasury and TIPS yields widens

原題:Treasuries Inflation Gauge Exceeds 2% for First Time Since 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE