, コンテンツにスキップする

中国国有の通信3社、香港株式市場で一時大幅安-NY上場廃止を嫌気

  • チャイナモバイルとチャイナテレコム、チャイナユニコム香港の3社
  • 上場廃止に関する通知は受け取っていないと3社

中国国有のチャイナモバイル(中国移動)とチャイナテレコム(中国電信)、チャイナユニコム(中国聯通)香港が4日の香港株式市場で一時大きく売り込まれた。

  ニューヨーク証券取引所は先月末、中国人民解放軍との関係があると認定された企業への投資を制限する米大統領令に対応し、3社の上場廃止を発表した。

  3社は1月4日、ニューヨーク証取の措置は「遺憾」だとするコメントをそれぞれ発表したが、上場廃止に関する通知は同証取から受け取っていないと説明した。

  ユニコムとモバイルは両社の「合法的権利」を守る方法を検証しているとし、テレコムは「会社の正当な利益を守る相応の選択肢」を検討していることを明らかにした。

中国の石油大手、米上場廃止のリスクに直面か-通信大手3社に続き

  4日の香港市場でユニコムは一時3.8%安となった後に上昇に転じた。モバイルは一時4.5%下げ、テレコムは一時5.6%安。

Volumes: China Mobile HK vs China Mobile U.S.

原題:China’s Three Big Telcos Slide on NYSE Move to Delist Shares (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE