, コンテンツにスキップする

中国外相、今年の米中関係「新たな希望の光」見いだせる

中国の王毅外相は、米中両国が2021年に両国関係に「新たな希望の光」を見いだせるとの見解を示した上で、米国に対し、対話を通じて問題を解決するよう求めた。

  中国外務省のウェブサイトに掲載されたインタビューのテキストによると、王外相は「われわれの対米政策は継続性と安定性を保つだろう。われわれは米国側と協調・協力し、着実に米中関係を発展させる用意がある」と語った。

  同相はその上で、米中関係が近年「かつてない困難」に直面したのは米国の「完全に誤った」対中政策のせいだと批判した。

Chinese Foreign Minister Wang Yi Visits Japanese Prime Minister Yoshihide Suga

中国の王毅外相

撮影: Behrouz Mehri/AFP/Bloomberg

原題:China Sees ‘New Window of Hope’ in Ties with U.S. in 2021(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE