, コンテンツにスキップする

変異型市中感染なら11カ国・地域からのビジネス往来停止方針-報道

政府はビジネス関係者などの往来を認めている11カ国・地域について、新型コロナの変異ウイルスの市中感染が確認された国・地域からの新規入国受け入れを一時停止する方針を固めたと、1日付の朝日新聞朝刊が報じた。複数の政府関係者を情報源としている。

  外務省関係者によると、11カ国・地域のうち韓国などで、空港検疫で変異ウイルスが見つかったが、市中感染ではないという。政府は感染が比較的落ち着いている国・地域から、一定条件の下で、出張などの短期滞在者や技能実習生などの中長期滞在者を受け入れている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE