, コンテンツにスキップする

【欧州市況】英国株は年間で2008年以来の大幅安、英国債は上昇

31日の欧州株は薄商いの中で下落した。英FTSE100指数は下落、年間ベースの下げ幅は金融危機以来の大きさとなった。

  FTSE100指数は1.5%安。この日は短縮取引だった。年間では14%下落した。ストックス欧州600指数はロンドン時間午後1時11分時点で0.4%安、年間では約4%の下落。ドイツやスイス、イタリアなど多くの市場が大みそかで休場となり、出来高は30日平均の半分未満だった。

  

Europe's growth sectors are winners of 2020 as value industries lag

  欧州債市場では、英国債利回り曲線がブルフラット化した。英国では新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最高を更新、ウイルス対策も一段と強化された中で株価が下落、国債に安全逃避の買いが入った。ドイツ債、イタリア債は休場だった。

  英10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて0.2%。年間の下げ幅は63bpと、2016年以来最大となった。2年債利回りは過去最低のマイナス0.165%まで低下する場面があった。

原題:Europe Stocks Fall as U.K. Ends With Worst Annual Drop Since ‘08(抜粋)

Gilts Rise Amid Haven Buying on Final Trading Day of the Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE