, コンテンツにスキップする

香港の黎智英氏、最高裁が再収監を決定-保釈決定を不服に政府が上訴

香港終審法院(最高裁)は31日、香港国家安全維持法(国安法)違反で起訴されたメディア企業創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏の再収監を決めた。高裁による黎氏の保釈は取り消された。

  黎氏の保釈については政府が不服を申し立て、中国政府系メディアが厳しく批判していた。香港高等法院は先週、ネクスト・デジタル(壱伝媒)創業者の黎氏の保釈を認めた。保釈金は1000万香港ドル(約1億3300万円)だった。

  政府は保釈決定に対する上訴が進められている間は黎氏を勾留するよう要求、終審法院はこの訴えを認めた。上訴についての審理は来年2月1日に行われる予定。

関連記事
中国共産党機関紙、黎智英氏の保釈決定非難-本土で裁判可能と警告
香港紙オーナーの黎智英氏、高裁が保釈認める-国安法違反で起訴

原題:Hong Kong’s Top Court Sends Tycoon Jimmy Lai Back to Jail (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE