, コンテンツにスキップする

英議会がEUとの通商協定案を承認-31日に単一市場から正式離脱

  • 下院は賛成多数で協定案可決、上院承認-4年にわたる課題に終止符
  • ロンドン時間31日午後11時に離脱移行期間が終了

英上院は30日遅く、ジョンソン首相が欧州連合(EU)と合意した通商協定案を承認した。下院もこれより先に賛成多数で協定案を可決していた。2016年6月のEU離脱か残留かを問う国民投票から約4年にわたる英政治の最大の課題に終止符が打たれることになる。

英下院、ジョンソン首相とEUが合意した通商協定案を賛成多数で可決

  31日午後11時(日本時間来年1月1日午前8時)に離脱移行期間が終了し、英国はEU単一市場と関税同盟から正式に離れる。

U.K. PM Johnson Set to Win Quick Parliamentary Approval for Brexit Deal

英議会議事堂から首相官邸に戻るジョンソン首相(12月30日)

原題:
Johnson’s Brexit Deal Clears Parliament With Only Hours to Spare(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE