, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】世界の死者数180万人突破-中国が国産ワクチン承認

更新日時
  • 中国医薬集団のコロナワクチン、一般使用承認-国家薬品監督管理局
  • コロナウイルス変異種をカリフォルニア州でも確認

新型コロナウイルス感染症による世界の死者数が計180万人を超えた。中国の国家薬品監督管理局は31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術(CNBG)が開発したコロナワクチンについて、一般使用を承認したと発表した。同ワクチンは他の候補と共に年央から国内で緊急使用が認められていた。

  国家衛生健康委員会の曽益新副主任は会見で、コロナワクチンに関して既に450万回超分を接種し、12月半ば以降だけで300万回分実施したと述べた。アレルギーを含む副反応の割合は「約100万分の2」にとどまると説明した。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-inline

  英国で最初に見つかった感染力の強い新型コロナウイルス変異種が、米カリフォルニア州で検出された。ニューソム州知事が30日に明らかにしたところによると、州南部の患者1人が感染していた。

  前日にこの変異種による感染症例が米国で初めて確認されたコロラド州は、2件目の症例が見つかった可能性があるとして調査している。

  ニューヨーク市の検査陽性率が7日平均で8%に近づきつつある。この比率は7カ月余りで最も高い。11月10日時点では3%未満に抑えられていた。市内の病院は、新型コロナのような症状が見られる患者を1日当たり200人以上(7日平均値)、入院させている。このうちの陽性率は約60%。例年この時期、同様の症状での入院者数は100人前後だという。

  ニューヨーク州の新規感染者数は1万3422人と、過去最多を更新。カリフォルニア州では新型コロナ感染に伴う死者数が432人と、同州として1日当たりの最多を記録した。

  米モデルナのワクチンは、テキサス州への配送に遅延が生じている。先週届いた少なくとも3回の配送分に温度が規定範囲を外れていた兆候があり、他の配送にもストップがかかった。

米モデルナのワクチン、テキサス州配送に遅れ-温度管理に問題か

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は8200万人を突破した。 

原題:China Shot to Get Broader Use; New Strain Spreads: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE