, コンテンツにスキップする

米投資運用ペレラ・ワインバーグがIPOへ、SPACが買収

米投資運用会社のペレラ・ワインバーグ・パートナーズは、2006年の創業以来臆測が続いている新規株式公開(IPO)をついに果たすことになった。同社は起業家のベッツィー・コーエン氏が支援する特別買収目的会社(SPAC)、フィンテック・アクイジション・コープIVに買収されることで合意した。統合後の企業価値は約9億7500万ドル(約1010億円)と評価されている。両社が30日、文書で発表した。

  ブルームバーグは11月、ペレラ・ワインバーグがSPACとの交渉に入っていると報道。その直後にコーエン氏のSPACが有力候補に浮上した。情報非公開ベースでIPOを申請していたペレラ・ワインバーグは昨年、IPOを延期していたと、事情に詳しい複数の関係者が当時述べていた。同社はピーター・ワインバーグ氏を最高経営責任者(CEO)に指名し、資産運用部門を分離するなどIPOに備えていた。

  ペレラ・ワインバーグの収入は、昨年で5億3300万ドル。SPAC側の助言役にはゴールドマンやJPモルガン・チェースなどが起用された。

原題:Perella Weinberg Goes Public Through SPAC Merger After Long Wait(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE