, コンテンツにスキップする

英国へのトラック貨物輸送、相次ぐお断り-国境での物流障害を懸念

  • 欧州の運送業者、英国への貨物輸送を取りやめ
  • トイレもなくトラックの行列にはまる恐れを懸念

欧州の運送業者の間では、英国への貨物輸送契約を断るケースが増えている。英国と欧州連合(EU)は通商協定で合意したが、それでも英国の離脱移行期間終了後に英ドーバーで再び物流障害が生じるのではないかとの懸念が背景にある。

  物流サービス企業10万社超を対象に貨物輸送・運賃のリアルタイムデータを調査するドイツのソフトウエア企業トランスポレオンによると、ここ2週間で合意がすでに成立している契約にもかかわらず、英国への貨物輸送を断った運送業者の数は「劇的な数」に上った。

  フランスから英国への貨物輸送の拒否率は先週、7-9月(第3四半期)平均と比べ約3倍に跳ね上がり、ドイツから英国のルートでは2倍に上昇した。

  トランスポレオンのオリバー・カース氏は、拒否率の上昇は先週のドーバーでの混乱が理由だろうと述べた上で、英国が31日をもってEU単一市場と関税同盟を離れた後にさらなる渋滞が起こる懸念に言及した。先週は新型コロナウイルス変異種への懸念からフランスが英国からの入国を一時停止していた。  

  業界団体ロジスティクスUKは29日の書簡で、ドーバー港で起きた足止めで、適切なトイレ施設や温かい食事が不足していたのは「国家の恥」だったと強く述べ、来年1月1日に同じような混乱が繰り返されれば「ドライバーの労働環境に対する配慮の足りなさを見て、EUの運送業者が英国へのドライバー派遣を敬遠しかねない」と警鐘を鳴らした。

Not Wanted

European freight forwarders are already shunning Britain

Source: Transporeon

原題:Brexit Border Chaos Forces Truckers to Shun U.K. Deliveries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE