, コンテンツにスキップする

アストラゼネカ・オックスフォード大コロナワクチン、英政府承認

更新日時
  • ワクチン接種は来月4日に開始-最も影響を受けやすいグループ優先
  • ファイザー・ビオンテック製より輸送や保管容易-冷蔵庫温度で可能
AstraZeneca Plc Sites As Company Said to Approach Gilead Sciences Inc. About Potential Merger
Photographer: Jason Alden/Bloomberg
AstraZeneca Plc Sites As Company Said to Approach Gilead Sciences Inc. About Potential Merger
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

英政府は30日、アストラゼネカオックスフォード大学が共同で開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンについて、世界で初めて使用を認可した。

  英政府によると、同ワクチンの接種は来月4日から始め、新型コロナの影響を最も受けやすいグループが優先される。英国では米ファイザーとドイツのビオンテックが開発したコロナワクチンが今月に入り先に緊急使用許可を得ており、アストラゼネカのワクチン認可はそれに続くものとなる。

  英政府はアストラゼネカのワクチンを1億回分購入している。同ワクチンはファイザー・ビオンテック製よりも輸送や保管が容易で、超低温にする必要はなく冷蔵庫の温度で保存が可能だ。1回目の接種から4-12週間後に再接種が必要となる。

Hedging Bets

The U.K. has agreed to buy more than 350 million doses of Covid-19 shots

Source: Duke Global Health Innovation Center, Bloomberg data

NOTE: Chart excludes options for additional doses.

原題:Astra-Oxford Covid Shot Gains First Clearance With U.K. Nod (2)(抜粋)

(第2段落以降を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE