, コンテンツにスキップする

パンサーズの選手、ビットコインで報酬の一部受け取りへ-NFLで初

米プロフットボールNFLのカロライナ・パンサーズに所属するラッセル・オクン選手は2019年5月、ビットコインによる報酬の支払いを望んでいるとツイートしていた。それから約1年半を経て、同選手は自分が報酬の一部をビットコインで受け取る初のNFLプレーヤーになると宣言した。

Carolina Panthers Training Camp

カロライナ・パンサーズのトレーニングキャンプに参加するラッセル・オクン選手

写真家:Jacob Kupferman / Getty Images North America

  仮想通貨やブロックチェーンに関するニュースサイト「コインデスク」によると、パンサーズはオクン氏にドル建てで支払うが、1300万ドル(約13億4300万円)の報酬のうち50%がザップの「ストライク」を通じてビットコインに転換される。ストライクは支払いを通常の通貨からビットコインに転換するのを手助けする商品。

  「NFLプレーヤーには米ドル建てで報酬が支払われる」と同リーグの広報担当者は説明。オクン氏がその後、これを「ビットコインに転換する」ことになるとした。

原題:
Panthers’ Okung Is First NFL Player to Take Pay in Bitcoin (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE