, コンテンツにスキップする

EUと中国首脳、投資協定巡り政治承認の方向-30日午後に会談

  • 欧州委員長およびEU大統領が習主席とビデオ会議方式で会談予定
  • 首脳の発表はハイレベルの政治承認-今後数カ月で協定案仕上げへ

欧州連合(EU)と中国の首脳は30日、投資協定を巡り合意を発表する見通しだ。

  ブリュッセルの当局者によると、EU行政執行機関の欧州委員会のフォンデアライエン委員長とミシェルEU大統領(常任議長)が30日、中国の習近平国家主席とビデオ会議方式で会談し、2013年に始まった投資協定交渉の妥結を打ち出す計画。

  EU議長国ドイツのメルケル首相も会談に加わる見通しだと当局者のうち2人が述べた。ミシェル大統領は29日、習氏とのビデオ会議が中央欧州時間午後1時(日本時間同9時)から始まる予定だとツイートした。

EU加盟国、中国との投資協定交渉妥結を支持-近く合意案発表も

Chancellor Merkel Addresses Bundestag As Germany Considers Lockdown Extension

メルケル独首相

  同協定は自動車や通信などの産業で中国市場への外国人投資家のアクセスを拡大することが主な目的。さらに、市場をゆがめていると欧米が見なす産業補助金や企業に対する国家の統制、強制的な技術移転など中国の根本的な政策にも対処することになる。

  30日に計画されている首脳の発表はハイレベルの政治承認の表明となる。双方は今後数カ月で協定案を最終的に仕上げる計画だ。

原題:
EU, Chinese Leaders Set to Give Blessing to Investment Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE