, コンテンツにスキップする

ローブ氏、インテルに戦略的選択肢の検討要求-分割や資産売却など

  • 今年だけで時価総額が600億ドル余り失われたと会長への書簡で指摘
  • 変更検討の要求に応じない場合、取締役指名巡る闘いを示唆

アクティビスト(物言う投資家)のダニエル・ローブ氏が米半導体メーカーのインテルに対し、会社の分割や資産売却を含む戦略的選択肢を検討するよう求めている。

  ローブ氏率いる投資ファンドのサード・ポイントはインテルの株式を大量に取得。取締役候補の推薦などを通じて変更を要求する予定だと、インテルのオマール・イシュラク会長への29日の書簡で伝えた。ローブ氏は、インテルの時価総額が今年だけで600億ドル(約6兆2100億円)余り失われ、過去5年間のパフォーマンスで同業他社を大きく下回っていると指摘した。

Intel rose on news of Dan Loeb's outreach to the chipmaker

  ローブ氏は書簡で、「市場をリードする立場が損なわれていく中で、経営陣が法外な報酬パッケージを自らに与えることをいかにして取締役会が許せたのか、われわれは理解できない」と指摘。「ステークホルダー(利害関係者)はもはやそうした責務放棄とみられる行為を許さない」とした。ブルームバーグが書簡のコピーを入手した。

  インテルは発表資料で、株主価値の創造のため全ての投資家からの意見を歓迎するとし、そうした目標に向けてサード・ポイントと協議することを期待しているとコメントした。ローブ氏はさらに、生産的な議論を期待しているが、自身の抱いている懸念への対処で「ためらい」を感じた場合、取締役候補を推す権利を留保するとした。

  ローブ氏はインテルに対し、総合的デバイスメーカーであり続けるべきかどうかや「一部の失敗に終わった買収」の売却検討など戦略的選択肢を検討するために投資銀行を起用するよう促した。個人的に話し合いたい他の問題もあると述べ、サード・ポイントがインテル株購入を続け、より積極的に関与できるよう規制当局に届け出を行う予定であることも伝えた。

  29日の取引でインテルの株価は約5%上昇。時価総額は約2000億ドルとなった。ローブ氏の書簡についてはロイター通信がこの日、先に報じていた。

原題:Intel Pushed to Explore Options by Activist Investor Loeb (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE