, コンテンツにスキップする

ボーイング737MAX、米で商業運航再開-アメリカン航空機が飛行

  • マイアミを出発した737MAX8がNYのラガーディア空港に到着
  • 737MAXは既にブラジルとメキシコで運航を再開

ボーイング737MAXの商業運航が米国でも再開した。同機は2件の墜落事故後に米史上最長の運航停止となっていた。

  マイアミから飛び立ったアメリカン航空グループの737MAX8は予定より若干早い米東部時間29日午後1時10分(日本時間30日午前3時10分)にニューヨークのラガーディア空港に到着した。同機はマイアミに戻る。米当局は飛行制御システムの広範な修正や他の改善を命じた後、運航停止を先月解除した。

American Airlines Boeing 737 MAX-8 Aircraft As FAA Faces Stunning Rebuff

アメリカン航空のボーイング737MAX8

写真家:スコット・マッキンタイア/ブルームバーグ

  アメリカンは顧客がMAXを避けようする動きは見られないと説明した。航空分析会社シリウムによると、アメリカンは1月にMAXで588便の運航を予定している。  

  ブラジルのゴル航空がMAXでの定期便運航を今月開始したことで商業運航は再開されていた。シリウムによると、ゴルは28日まで516便を運航し、アエロメヒコ航空も73便を飛ばした。

ボーイング737MAX、9日に運航再開-ブラジルのゴル皮切りに

  MAXの最大の顧客であるサウスウエスト航空は来年、同機の運航を予定している。ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスやアラスカ・エア・グループも同様の計画。

関連記事
エア・カナダのボーイング737MAXでエンジントラブル-報道

原題:
Boeing’s 737 Max Returns in U.S. With American Air Flight (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE