, コンテンツにスキップする

ワクチン接種率、米国は後れを取っている-ファウチ氏が警告

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチン接種率で米国は後れを取っていると述べた。

  ファウチ氏はCNNとのインタビューで、12月末までにもっと多くの人にワクチンを接種することを米当局者は望んでいたと発言。自身はワクチン配布を個人的に担当しているわけではないため、ワクチン接種率引き上げについて何らかの約束をすることはできないと付け加えた。

  1月の米国での感染水準は12月より悪化する可能性があるとも話した。

関連記事

原題:
Fauci Says U.S. Lags With Year-End Vaccination Levels(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE