, コンテンツにスキップする

投機的トレーダーのドルの弱気ポジション、2011年3月以降で最大

投機的トレーダーは、ドル下落に大きく賭けて1年を締めくくる。

  米商品先物取引委員会(CFTC)の最新データによると、ICEドル指数先物の非商業部門(投機家)のネットショート(売り越し)ポジションは、2011年3月以降で最大に達した。 米連邦準備制度の前例のない金融緩和や安全資産離れの動きの中で投資家がドルを敬遠し、ドル指数は年初来で6%余り下落している。

Net speculative bearish bets on U.S. dollar index at most since 2011

  みずほ銀行の経済・戦略責任者ビシュヌ・バラサン氏(シンガポール在勤)は「ドルをショートする理由を探す時、たくさんあるためヘッジファンドは選択に困る」と指摘。「米金融当局が政策正常化リスクを大幅に低下させる政策のパラダイムシフトを決めたほか、急速に拡大する双子の赤字もドルのショートポジションを取りやすくしている」と解説した。

原題:
Bearish Dollar Bets Near Decade High as 2020 Draws to an End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE