, コンテンツにスキップする

ウォール街トレーダー、ボーナス期待外れか-大盤振る舞いできぬ事情

  • BofAはセールス&トレーディング賞与原資を昨年並みとする計画
  • 気前のいい増額検討するJPモルガンとゴールドマンでもばらつきか

思いがけない利益を銀行にもたらしたウォール街のトレーダーの報酬は、当初期待したより少なめかもしれない。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が今年に入り、雪崩を打つようなトレーディングを促し、収入を急増させたが、上位米銀は行員や社員の報酬への期待抑制に動いている。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)では、セールス&トレーディングのボーナス原資を昨年の水準に抑えようとする計画が、スタッフの一部を失望させた。シティグループは、株式トレーダーのボーナス原資全体を据え置く方向だが、債券・通貨・商品トレーダーは全体で10%以上増える見込みだ。

  さらに気前のいい20%近い増額を検討するJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループでも、ボーナスのばらつきは大きくなる可能性が高い。

  管理職専門の人材あっせん会社、アライアンス・コンサルティングのポール・ソルベラ社長は「ウォール街の全体的なトーンは幾分悲観的だ」とした上で、さまざまなチームの業績が一様ではないことを考えれば、報酬の決定を行うマネジャーにとって「面倒な事態になるだろう」と指摘した。

  年末の報酬を確定させるに当たり、経営幹部らは素晴らしいトレーディングの業績と、消費者・法人融資部門での貸倒損失の可能性を比較検討せざるを得ないだろう。また、数百万人が職を失う現状では、国民や議会の批判を招きかねないバンカーへの多額の支払いに銀行は慎重だ。

  そうした状況でも、金融機関は最優先に株主への利益還元を行う方針だ。米連邦準備制度理事会(FRB)が再開を認めたことを受け、米銀上位6行は来年1-3月に最大110億ドル(約1兆1400億円)相当の自社株買いが可能になる見通し。

  シティのマイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は今月のブルームバーグのイベントでのインタビューで、「リターンと株主に留意し、われわれが置かれている状況、人々と一部企業が直面する多くの困難を意識する必要がある」と述べ、「われわれは同時に競争力を持たなければならない。われわれは業界にあって幸運にも優秀な人材に恵まれている。その認識も必要だ」と話していた。

Added Bonuses

JPMorgan, Goldman Sachs may boost bonuses as much as 20% from 2019 levels as other banks hold back

Sources: People briefed on bonus discussions; Company earnings filings for first nine months of 2020

原題:Wall Street Tempers Bonus Expectations in Year of the Pandemic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE