, コンテンツにスキップする

中国で小売企業への融資拒否急増、個人消費の弱さ浮き彫り-CBBI

  • 10-12月の融資拒否率は小売業で38%-前四半期は14%
  • チャイナ・ベージュブック・インターナショナルがリポート公表

中国では個人消費の回復が弱く、小売業などの中小企業が融資確保に苦しんでいることがチャイナ・ベージュブック・インターナショナル(CBBI)のリポートで示された。

  独自の経済データを提供するCBBIがまとめた最新四半期リポートによれば、10-12月の融資拒否率は小売業で38%と、前四半期の14%から大きく上昇した。中小企業の融資拒否率は10-12月に24%に上昇し、大企業の倍になった。

  CBBIは「大企業は入手可能な融資を吸収し続け、中小企業よりずっと安価な資本コストの恩恵を受けている」と指摘。「中小企業の苦境とは反対の状況」との認識を示した。

Retail Pain

Loan rejection rates for Chinese retail businesses have soared

Source: China Beige Book International

  CBBIの分析で分かるのは、中国の景気回復が公式統計が示すよりもずっと勢いを欠き、個人消費がまだ弱いことだ。中小・民間企業への融資拡大を奨励する中国政府の取り組みに逆風が吹いていることも示唆されている。リポートは11、12両月に行った企業幹部や銀行スタッフとの3400を超えるインタビューを基にしている。

原題:Chinese Retailers See Rise in Loan Rejections, Beige Book Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE