, コンテンツにスキップする

巨大IT企業株価が軒並み上昇、アップルは終値ベースで最高値更新

  • アップルは今年85%余り値上がり、上昇率は2年連続で80%超す勢い
  • フェイスブック、 アマゾン、アルファベットなども上昇

 

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

28日の米株式市場でテクノロジーおよびインターネット関連の超大型株が軒並み上昇した。今年の力強い値上がり幅をさらに伸ばした形だ。

  アップルの株価は取引時間中の最高値には届かなかったものの、取引終了時点で3.6%上昇して終値ベースの上場来高値を更新した。今年に入ってから85%余り上げており、年間上昇率は2年連続で80%を超える勢いだ。

  この日はフェイスブックが3.6%高、アマゾン・ドット・コムが3.5%高、グーグルの親会社アルファベットが2.3%高となった。マイクロソフトとネットフリックスもそれぞれ1%値上がりした。いずれも今年の株価上昇率が市場全体を上回っている。アルファベットは32%上昇と、その中では最も低調だが、それでもS&P500種株価指数(15.6%上昇)の約2倍の伸びだ。

Apple has gained more than 80% in 2020

  S&P500情報技術株指数は1.2%上昇して最高値を更新。一方、ナスダック100指数の上昇率は1%で、最高値を記録したS&P500種の0.9%高とあまり変わらなかった。トランプ米大統領が追加経済対策法案と2021会計年度(20年10月-21年9月)歳出法案に署名したことが、市場全体に追い風となった。

  巨大情報技術(IT)銘柄が上昇する一方、市場で最も際立つ「ステイホーム」銘柄の一部は軟調だった。ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは6.3%、ペロトン・インタラクティブは6.5%、ショッピファイは6.4%それぞれ下げた。

原題:
Apple Leads Big Tech Higher and Closes at a Record (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE