, コンテンツにスキップする

マイオバント株急伸、前立腺がん薬でファイザーと提携-42億ドル規模

28日午前の米株式市場で、バイオテクノロジー会社マイオバントの株価が急伸。同社は前立腺がん治療薬の開発・商業化で提携することでファイザーと合意した。取引規模は最大42億ドル(約4350億円)に上る。

  この日の発表資料によれば、両社は共同で進行性前立腺がん治療薬「オルゴビクス」などの開発・商業化を手掛ける。マイオバントには前金6億5000万ドルが支払われ、規制・商業面での目標到達に応じて他の支払いが行われる。

  ニューヨーク市場でマイオバント株は一時35.8%高。一方でファイザーは下落している。

  米食品医薬品局(FDA)は今月、前立腺がん治療薬としてオルゴビクスを承認。28日の両社発表によると、ファイザーは米国とカナダ以外(アジアの一部を除く)でのオルゴビクス商業化を独占的に行う権利を得る。

原題:Myovant Soars on $4.2 Billion Pfizer Prostate-Cancer Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE