, コンテンツにスキップする

シドニーの年越し花火イベント、コロナ感染拡大防止で縮小へ

  • 海岸付近での大勢での花火鑑賞を禁止-新型コロナのクラスター抑制
  • 「花火はテレビで鑑賞を」、州首相がシドニー住民に要請

シドニーで毎年大みそかに行われる世界的に有名な祝賀イベントが新型コロウイルス感染のクラスターを阻止するため縮小される。

  ニューサウスウェールズ州のベレジクリアン首相は、シドニー・オペラハウスとハーバーブリッジの上空で7分間にわたり花火が打ち上げられるが、市民に自宅にとどまりテレビで花火を鑑賞するよう要請した。

Australia Economy Set for Rapid Recovery as Virus Restrictions Eased Further

シドニー・オペラハウスとハーバーブリッジ(12月6日)

Photographer: Lisa Maree Williams/Bloomberg

  同首相によると、屋外での集会については人数の上限が半分に減り、特別な許可のない人は市街や港の周辺にある通常の主要観覧スポットに立ち入りできない。地方自治体主催でチケット販売済みのイベントは、厳重な管理の下でのみ実施されるという。

  同首相は28日に記者団に対し、「花火をテレビで鑑賞しようというのがシドニー広域圏の皆さんへの私からの今年の強いメッセージだ。シドニー周辺の海岸付近に大勢集まることは望ましくない」と語った。

  花火大会は通常、シドニーの巨大な集客イベントで、公園などの公共スペースに花火鑑賞場所を求める人出は数万人規模に上る。

原題:
Sydney Scales Back New Year’s Eve Fireworks Celebrations (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE