, コンテンツにスキップする

アリババ巡る独禁上の懸念、中国ネット株に売り波及-当局の動き警戒

更新日時
  • アリババは香港市場で一時7%超の下げ-自社株買い拡大も響かず
  • テンセントは一時5%超、JDが3%余り下げ-美団の下落率6%強

28日の香港株式市場で、中国の電子商取引会社アリババグループなど本土の大手テクノロジー銘柄が大きく下げている。中国当局の独占禁止を巡る監視が馬雲(ジャック・マー)氏のインターネット企業だけでなく、他の有力企業にも広がるとの懸念が強まっている。

  アリババはこの日の取引開始前に、自社株買い計画の規模を100億ドル(約1兆350億円)に引き上げると発表。従来から40億ドル拡大し、期間は2022年末までの2年間。だが、香港市場でアリババ株は一時7%を超える値下がりとなっている。

  中国の経済的・技術的台頭の代表格として認められてきたアリババやテンセント・ホールディングス(騰訊)は、何億人もの利用者を集め、国内の日常生活のほぼあらゆる面で影響力を高めてきたが、そのペースを巡り今では監督当局から強まる圧力に見舞われている。

急転する中国アントの命運、世界の投資家に「悪夢」のシナリオも

  独占的慣行の疑いや当局による調査で、アリババの時価総額はピークから2300億ドル余り失った。

アリババの独禁調査はインターネット企業への警告-人民日報

  28日は同じく香港に上場するテンセントが一時5%超、JDドットコム(京東)は同3%余り下げている。フードデリバリーを手掛ける美団の下落率は一時6%を超える一方、アリババ・ヘルス・インフォメーション・テクノロジー(阿里健康信息技術)は続落し、2日間の下げとしては2015年7月以来の大きさとなっている。

Alibaba leads another selloff in China Internet Inc.

原題:Alibaba Antitrust Fears Worsen China’s Internet Selloff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE