, コンテンツにスキップする

エア・カナダのボーイング737MAXでエンジントラブル-報道

エア・カナダのボーイング737-8MAXでテスト飛行中にエンジントラブルが発生し、乗務員がエンジン1基を止め、アリゾナ州トゥーソンに緊急着陸することを余儀なくされた。航空関連ニュースを専門とするウェブサイト「Aviation24.be」が伝えた

  それによると、離陸直後に左側エンジンの油圧低下が示された。3人の乗組員は当初、モントリオールまでの試験フライトを継続することを決めたが、その後、左翼から燃料の不均衡が示されたため、問題のエンジンを停止し、トゥーソンに行き先を変更した。この事例が発生したのは22日だった。

  米連邦航空局(FAA)は先月、ボーイング737MAXの運航再開を承認した。同機種は2度の墜落事故の後、1年8カ月にわたり運航が停止されていた。

ボーイング737MAX、米当局が運航再開を承認

原題:
Air Canada Boeing 737 Max Suffers Engine Problem: Aviation24(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE