, コンテンツにスキップする
Photographer: STEFANIE LOOS/AFP
cojp

ドイツ内相、新型コロナ規制の迅速な解除を否定-死者3万人突破で

  • 「第3波」は「是が非でも」回避しなければならない-内相
  • ドイツの累計死者数は27日に3万人突破-感染者165万人超
A woman with a protective face mask and a rollator crosses the street in front of KaDeWe Shopping store during Germany's second lockdown amid the ongoing novel coronavirus / COVID-19 pandemic in Berlin on December 23, 2020. (Photo by STEFANIE LOOS / AFP) (Photo by STEFANIE LOOS/AFP via Getty Images)
Photographer: STEFANIE LOOS/AFP

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ドイツのゼーホーファー内相は、新型コロナウイルス関連規制の迅速な解除の可能性を否定した。同国では新型コロナ感染症による死者が3万人を超えた。

  同相は独紙ビルト日曜版とのインタビューで、「われわれが達成してきた全てのことを拙速な緩和で危険にさらしてはならない。最初からやり直しになってしまう」と指摘。「ロックダウン(都市封鎖)の効果が不十分な場合、対策を強化せざると得ない」とし、「第3波」は「是が非でも」回避しなければならないと述べた。

  ドイツでは10月以降、新型コロナ感染者と死者の増加傾向が続いている。ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、同国での累計死者数は27日に3万人を突破。感染者は累計165万人を超えている。

原題:
German Minister Rejects Swift Easing as Death Toll Tops 30,000(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE