コンテンツにスキップする

中国のゲーム開発、遊族網絡のCEO死去-39歳、毒を盛られた疑いも

  • 不快感を訴えて最近入院、警察当局は毒を盛られた疑いで捜査
  • 捜査によって容疑者は拘束されたと上海の警察当局

中国のゲーム開発企業、遊族網絡の林奇最高経営責任者(CEO)が病院に運ばれた後、死去した。39歳だった。上海の警察当局は林CEOが毒を盛られた疑いがあるとして捜査に乗り出していた。

  遊族の発表によると、林CEOは25日に死去した。具体的な死因には触れていない。同社はこれより先、林CEOが不快感を訴えて最近入院したが、容体は「落ち着いている」と説明していた。林氏は同社の創業者で、会長でもあり筆頭株主でもあった。

  上海の警察当局は23日、ソーシャルメディアへの投稿で「林」という姓の39歳の男性が毒を盛られた疑いがあり、捜査で容疑者1人が拘束されたと明らかにしていた。

  同社は9月、米ネットフリックスとの間で中国の人気SF小説「三体」のシリーズを制作することで合意していた。

Lin Qi

林奇CEO

撮影:Imaginechina / AP

原題:
Yoozoo Games CEO Lin Dies at 39 Amid Police Probe Over Poisoning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE