, コンテンツにスキップする
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg
cojp

TOPIX続伸、景気期待で商社や素材など高い-売買代金ことし最低

更新日時
  • 短縮取引の24日の米国株は上昇、米民主党は新法案を28日採決へ
  • アリババ安響いたソフトBG安い、東証1部の売買代金1兆2547億円
Visitors stands in front of an electronic ticker at the Tokyo Stock Exchange (TSE), operated by Japan Exchange Group Inc. (JPX), in Tokyo, Japan, on Monday, Nov. 30, 2020. TSE president Koichiro Miyahara will step down to accept responsibility for the all-day outage that halted trading on the world’s third-largest equity market last month.
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

25日の東京株式市場でTOPIX(東証株価指数)は3日続伸。積極的な手掛かり材料に乏しい中、グローバル景気や企業業績に対する根強い回復期待が継続した。商社や海運、鉄鋼など景気敏感業種、建設など出遅れ業種が高い。半面、ソフトバンクグループの下げが響いた情報・通信が安く、医薬品も軟調だった。

  • TOPIXの終値は前日比4.14ポイント(0.2%)高の1778.41
  • 日経平均株価は11円74銭(0.04%)安の2万6656円61銭

〈きょうのポイント〉

  • 短縮取引の米国株は上昇、情報技術など幅広い業種高い
  • 米共和党、個人給付増額案を阻止-民主党は新法案を28日採決へ
  • 24日は東京都で888人のコロナ感染、過去最多-知事は特措法改正訴え
  • ソフトバンクG株が4日続落ーアリババADRが上場来最大の下落

  三井住友トラスト・アセットマネジメントの上野裕之シニアストラテジストは「それなりに好材料・悪材料は出ているが、行き場のないマネーが流れ込む中で政治経済の材料と需給がリンクしない相場が続いている」としながらも、「ワクチン効果などから来年後半にかけて景気・業績の底入れを先取りする形で出遅れ業種が買われている」と述べた。

  TOPIXはややプラス圏ながら小動きに推移し、日経平均の日中値幅も約78円にとどまるなど、動きに乏しい1日となった。米国株市場は24日が短縮取引、25日は休場とあって海外からの売買注文は細りがち。東証1部の売買代金は1兆2547億円と、19年12月25日以来の低水準だった。

  みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジストは「28日に再採決となる米経済対策は個人給付が増額されれば来年1-3月の米経済失速を避けるには十分な内容。コロナ感染が一服すればリベンジ消費の源泉になる」と語る。「どういった内容で決着するか日本時間の29日まで全般は様子見ムードが強まりそう」と言う。

  日本株は高値圏でこう着状態が長期化している。しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用部長は「追加の経済対策が日米とも出てくるなど長期的には下がる要素はない」半面、「来期の業績改善は織り込んでいる。一段高となるためには、さらなる業績の改善を見込めるような話が出てこないと難しい」とみていた。

  • 東証33業種では海運やパルプ・紙、建設、ゴム、不動産、鉄鋼、卸売が上昇
  • 情報・通信や医薬品、サービス、精密機器は下落
3日続伸
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE